人財部ディレクター 橘優輝、職業「内勤」|東京 千葉 埼玉 茨城のキャバクラ・ホストなどの情報サイト『ポケマル』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ホーム >記事/コラム >人財部ディレクター 橘優輝、職業「内勤」

人財部ディレクター 橘優輝、職業「内勤」 2017.07.05

ホストクラブにとってプレイヤー以上にいなくてはならない存在でありながら、あまり表舞台に出ることのない「内勤」という職業。プレイヤーも経験した橘優輝氏にインタビューを敢行!

ホストを辞める決断 そして、内勤になった

この業界に入ったのは22歳の時でしたね。大学生のときにバーテンのバイトをしていてその延長で始めました。辞めるキッカケは結婚と妻の出産です。当時のお店にもお客様にも秘密にしていたのですが、実はプレイヤー時代に結婚していたんです…。初告白です…(笑)。ただ、みんなに内緒というのが心苦しいのと両立が難しくてプレイヤーを卒業。そして全てをみんなに話して、内勤として働くことを決意したんです。やっぱりこの業界が好きだから…。そこからは怒涛の日々でした。3ヶ月OVER-PARTY-というお店で内勤を経験して、2015年にPLAZMA-PARTY-店長に就任させて頂きました。


 

橘 優輝


 

仕事内容の違いに驚きと戸惑いを感じました

ホストと内勤ってこんなにも仕事内容が違うの?って初めは戸惑いがありました。ホスト時代は自分と後輩の売上のことしか考えてなかったですし、それ以上の事は考える必要を感じていなかったんですよね。内勤になってからは考えなくてはいけない事が10倍以上に(笑)。かなり複雑になりましたね。ホストの時は出勤時間以外は自分で調整出来ていたけど、今は相手のスケジュールありきで動いています。今の方が正直大変だと思う事は多いですが、正直やりがいは現在が数倍以上感じていますね。一番はお店の運営に携われて、店の売上が上がった時です。ただ、ここまでのことを内勤として出来るのは冬月ホールディングスだから。組織として確立しているグループだから、いわゆる普通の内勤の仕事以上にお店に携われるし、昇格&昇給もします(笑)。僕は内勤だけど、実は結構稼いでいます(笑)。将来のビジョンをしっかりと持てるグループですし、将来的には現場を離れて冬月グループの中で様々な展開をしていきたいと考えています。きっと実現させますよ!


 

橘 優輝


 

売れないから内勤って今どきナンセンスな考え!

よく売れてないホストが内勤をやっているんでしょ?っていうのを聞きますがそれは違うって断言できます。だって、そんな人が売れてるホスト達をサポートしながら、お店の運営を出来るか?って考えたら無理があるのかなって。特にうちのグループは組織としてしっかりしている分、求められるものも多いですし。内勤ってお店の核となれる人、いなくてはいけない存在です。売れないから内勤って今どきナンセンスですね(笑)。


 

橘 優輝


 

従業員の満足度を上げるのが僕の仕事です!

ホストクラブってダーティーな世界でもなんでもないんです。企業として確立しているグループもたくさんあります。その中でも業界シェアトップと言われる冬月グループホールディングスで人財部ディレクターをさせて頂けて自信になっていますね。みんなが成長していけるお店をこれからも作っていきたいです!


 

橘 優輝


 

橘 優輝 たちばな・ゆうき

今年30歳、2児の父親。ホスト業界に足を踏み入れたのは22歳の時。25歳で結婚し子宝に恵まれ、27歳で内勤としての道へと進むことに…。そして今、業界大手冬月グループで人財部ディレクターを務める

 

冬月グループHOLDINGS
FUYUTSUKI-PARTY-
tel.03-6205-9855
東京都新宿区歌舞伎町2-14-8メトロプラザ2ビル8F

PAGE TOP